Photo3_dArKred

itokanasikimonotachi

arte145

The Sound of Soda Pop

梅雨明けを聞かないまま、この日は体感で猛暑。 ソーダ水の弾ける音が頭の中でした。

Yellow in the rainy darkness

雨の日が続く。鬱々として晴れない。せめて人形の衣装ぐらいは_と考えて、明るい色にしてみた。

Dress Code

夜会服_という言葉の響きが好きだ。

Someday in Summer

梅雨の晴れ間、未明のジョギングの後、汗ばんだ肌から、夏を間近に感じる。しかし、私が想い描いたのは、終に訪れることのない季節。夢の中の夏の一場面だ。

The rainy season has begun.

"Why shouldn't I touch it?" と同じ日に撮影。時間的には、こちらの方が先になる。しかし、何かが違う気がして、夕方、撮り直したものを先に公開した。このシリーズはボツにするかもしれないと考えていた。

Why shouldn't I touch it?

エドガー・ドガ の彫刻 Little Dancer of Fourteen Years ( La Petite Danseuse de Quatorze Ans) のことを考えていた。