Photo3_dArKred

itokanasikimonotachi

At the seaside

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193322j:plain

海辺に、こんな色のワンピースが似合うなんて。
賛嘆の思いが増していく。

(続き)

AShamaluevMusic
Inspirational Acoustic - Positive and Uplifting
https://soundcloud.com/ashamaluevmusic/inspirational-acoustic

美しい人を撮るようになって、普段見逃していたものにも目が留まる。
それはこの2年余り、ずっと感じている。しかし同じ風景から、これほど異なる雰囲気を感じたことはない。J.G.Ballard の小説に出てきそうな終末の波辺_そんな思い込みは何だったのか。

 

夙川沿いの松林、浜辺に植えられた椰子の様子。私一人で来た時にも見ている筈なのだが、画像に残していない。そこに有る筈の色を見ておらず、浜の南の高層住宅も、鬱然としたものとして捉えるばかりだった。
どこかの島のような廃墟ではないのだから、多くの人が暮らしている限り、幸せな毎日もあれば、そうでない日々もあるだろう。前に見た時の印象も今日感じた雰囲気も、実際の姿からは遠いのかもしれないが、それぞれ真実の一端も含んでいる筈だ。一方的で一面的な捉え方をするのではなく、あれもこれも呑み込む心は持っていたい。

 

しかし、どちらを見ていたいのか_答えは意外なくらい歴然としていた。
近くに住んでいたなら、私もまた季節外れの海に入っていたのではないか。
青や黄色の鮮やかな帆を張って走るウインドサーファーを見詰めていた。

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193338j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193346j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193405j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193418j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193517j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193453j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193538j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193629j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20211002193613j:plain