Photo3_dArKred

Small flowers by the roadside (_itokanasikimonotachi_)

Where is my light?

110cm キッズ用衣装を着せた。

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210320191031j:plain

(続き)

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210320190821j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210320190843j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210320191010j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210320190915j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210320191052j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210320191125j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210320191140j:plain

110cm キッズ用衣装を着せた。
120cm 石粉粘土の、この人形にはジャストサイズ。
子供服ながら大人っぽい雰囲気になる。それは、穿かせている網タイツの所為ばかりではなく、この人形が持っている個性故のこと。
関節は全て独立した球体。美しく磨き上げられた様を見てもらうには、裸形の方が相応しい。教室展でも個展でも、この人形は裸でいた。だから私のように着せ替えに拘るのは、作者の意図から外れてしまう。
ふと等身大ドールの姿が頭を過ぎる。あれもまた着せ替えを主目的とする人形ではない。シリコンは重くて扱いにくく、柔軟性のための油分が常時滲み出ている。色物を着せれば色移りを覚悟しなければならない。被りタイプの衣装を着せようとすれば、シリコンが引っ張られて、腋が裂けてしまう恐れもある。しかし裸形の美しさは目にしたものなら分かる通り。息を呑むほどだ。嗤われるのは承知の上だが、一種の工芸品だと捉えている。それでも裸形のまま寝かせておくという選択肢は私にはない。リアルなボディを包む美しい装いが必要不可欠だ。
作者の意図から外れ、販売の主たる目的からも離れてしまい、一人、人形を眺めている。世間一般の眼差しの冷たさは端から分かっているが、人形を蒐集している者であっても、同種の見方は少ないだろう。
ここにきて、何やらうそ寒い。光はどこにあるのか_声を出してみたくなった。

Science Teheran
And I am sad, again
https://soundcloud.com/scienceteheran/and-i-am-sad-again