Photo3_dArKred

itokanasikimonotachi

It's only a dream of a dull student.

物語の登場人物やヒロインに会ってみたい。

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403193302j:plain

(続き) 

Ashot Danielyan - March 18 Story
https://soundcloud.com/ashot-danielyan/ashot-danielyan-march-18-story

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403211853j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403211937j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403211947j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403212001j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403212055j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403212131j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403212158j:plain

f:id:GrieFingligHtstoNeyelLow:20210403212040j:plain

物語の登場人物やヒロインに会ってみたいと考える。
小説や映画、漫画、アニメーション…など。
その名前を挙げていけば、どれもこれも阿保な男どもの妄想、そんな女は現実には存在しない_と嗤われる。
なるほどと思う反面、妄想や絵空事を全て否定していたら、世界はもう本当に味気ないものしか残らない。
うる星やつら は、数多の阿保が集まって、形にしていったに違いないが、そもそもの原作者は高橋留美子…。会ってみたいヒロインは男どもの妄想の産物ばかり_とするのも難しいか。
人形を撮っていても、美しい人を撮っていても、或いは風景であっても、前を見ているようで見ていない。その向こうに透けて見える物語の誰かを私は探している。
つくづく阿保な男である。

書影は 夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦 角川文庫